ジルコニア

ジルコニアの調整・研磨

 ジルコニアは硬い印象がありますが、ダイヤモンドよりは硬度は低いです。
ダイヤモンドの砥粒が被覆された器具を用いれば、形態の調整は可能となります。

 研削の性能は砥粒の種類、大きさ、結び付きの強さ、結合材によって変わってきます。
大きな形態修正には、ダイヤモンドの粒子が高密度に充填された器具を用います。

ダイヤモンドポイント
アイディシーNEWS159 image03
a:ジルコシャイン(松風),b:セラムダイヤ(モリタ),c:セラシャイン(GC)、d:セラダイヤスーパーファースト(Dedeco/茂久田)
名称 メーカー 砥粒組成 結合材

 研 

 削 

シンタ―ダイヤ 松風 ダイヤモンド 金属焼結
ダイヤモンドポイントFG 松風 ダイヤモンド 金属メッキ
ビトリファイドダイヤ 松風 ダイヤモンド
炭化ケイ素
ガラス
セラダイヤスーパーファースト Dedeco/茂久田 ダイヤモンド
アルミナ
チタニア
ガラス
ジルコシャイン 松風 ダイヤモンド 合成ゴム
セラシャイン GC ダイヤモンド 合成ゴム
セラダイヤ モリタ ダイヤモンド
アルミナ
チタニア
酸化亜鉛
合成ゴム
セラダイヤポリッシャー Dedeco/茂久田 ダイヤモンド
炭化ケイ素
チタニア
合成ゴム
名称 メーカー 砥粒組成 研磨機材

ダイレクトダイヤペースト 松風 ダイヤモンド
チタニア
グリセリン
スーパースナップバフディスク
ダイヤポリッシャーペースト GC ダイヤモンド
酸化亜鉛
PTCカップ
フェルト
ブラシ
ジルコンブライト DVA/茂久田 ダイヤモンド
アルミナ
珪藻土
ワックス
フェルト
ブラシ

※ 注意する点としては、回転数が高すぎると、発熱、チッピングを生じてしまうので、ハンドピースの回転数は、10,000回転/分 以下にして下さい。

アイディシーNEWS vol.157 2020年12月20日